法令 用語

敷地面積とは

敷地面積とは

敷地面積は、容積率や建ぺい率などの形態制限に影響を与えます。敷地面積は、建築基準法施行令2条1項1号で敷地の水平投影面積と定義されています。敷地に高低差がある場合や傾斜地になっている場合でも法面で測らず水平面で面積を算定します。

また、前面道路が4m未満の場合など、道路部分とみなされる建築基準法42条2項、3項、5項に規定する道路境界とみなす線と道路との後退部分は敷地面積に算入することができません。

 

 


関係法令
建築基準法施行令2条1項1号
敷地の水平投影面積による。ただし、建築基準法第四十二条第二項、第三項又は第五項の規定によって道路の境界線とみなされる線と道との間の部分の敷地は、算入しない。

 

-法令, 用語
-,

© 2020 Archistacks