法令

確認申請が「必要」な建築物

建築確認とは

建築確認とは、建築主事または指定確認検査機関が確認申請図書に記載された内容に従って、その建築物の計画が建築基準(単体規定、集団規定、建築基準関係規定)に適合しているかどうかを確認することです。

この確認を求める申請を建築確認申請といいます。

建築計画が建築基準に適合していることが確認されると、確認済証が交付されます。この確認済証の交付をもって、建築工事を行うことが可能となります。

 

確認申請が必要な建築物

確認申請が「不要」な建築物

確認申請が不要な建築物 建物が小さければ確認申請は不要だと誤った理解をしている人がいますが、これは「防火地域、準防火地域以外で10㎡以内の増築等は確認申請を要しない。」というものを拡大解釈したことが原 ...

続きを見る

-法令
-

© 2020 Archistacks