寸法

法令

廊下に必要な有効幅の考え方

2020/2/21    , ,

廊下は、災害時に階段や屋外へ避難するための重要な通路となります。そのため、建物の用途別に両側居室の廊下とその他の廊下(片側居室など)に必要な幅員が規定されています。柱型や手摺が突出している廊下では、それらを除いた有効寸法を算定します。廊下に手摺や設備機器を取り付けると必要な寸法が確保できなくなる場合があるので注意が必要です。

寸法

ダイニングテーブル周りの必要寸法

2019/9/15    ,

ダイニングテーブル周りの必要寸法 人が座っている椅子の後ろを通るとき、400mmあれば人は通ることができます。 ゆとりを持って通り抜けたいときは、600mmが必要な寸法になります。  

© 2020 Archistacks